UbuntuでMac的半角全角変更の設定をするよ

Linux操作Ubuntu

どうも、またまたUbuntuの記事です。MacBookを使い始めてそろそろ半年くらいになります。そうなると別の端末を使うときにキーボードで文字入力を行う際に全角半角を入れ替えるためのキーが気になってきます。Mac系の端末を使っている方はご存知と思いますが、あれらで入力文字の全角半角を変えるためには変換キーと無変換キーが使われます。自分は最近、MacBookでコーディングすることが多いため手がそのタイピングになれてしまいました。

そこで、今回はUbuntuでも、変換キー&無変換キーで全角半角を入れ替えるための設定を備忘録的にまとめてみようと思います。とはいっても、特別なソフトの導入などは必要なく、(Desktop版なら)すべてデフォルトの状態で設定できると思います。



OS : Ubuntu 16.04 LTS
+ 日本語 Remix
+ Desktop版


1. 設定ウィンドウを開く

では早速やっていきましょう。まずは入力ソースの設定画面を出します。設定画面の出し方は画面右上にあるIMEの画像をクリックし、メニューから”設定”を選択することで出てきます。もしこの方法で出ない場合は、システム設定から”テキスト入力”を選択し”使用する入力ソース”の下にある”スパナとドライバーのアイコン”を押してください(以下のgifアニメ参照)。

2. 設定する

さて、設定画面が出たらあとは簡単です。”ホットキー”を選択し、画面最下部にある”拡張オプションの表示”を選択します。

すると隠してあった項目が表示されるので、その中にある”入力メソッドをオンに”の右にある”空”をクリックしてから”変換キー”を押下、”入力メソッドをオフに”の”空”をクリックしてから”無変換キー”を押下で設定完了です(gifアニメ参照)。

これにておしまいです。

おわりに

さて、今回はとてつもなく簡単にMac的入力を設定しました。完全に地味ではありますが、この作業をやるだけで快適なタイピング環境が得られるので損はないと思います。

Linux操作Ubuntu