最強の手法マーチンゲール法って必勝法か?

バイナリーオプション

みなさんはマーチンゲール法という手法をご存知ですか?もともとはカジノなどで行う「条件を満たせば100%絶対に負けない方法」みたいです。元はギャンブル用語のようですが、バイナリーオプションでも使える用語です。今回は、この手法が本当に絶対に負けない手法なのか簡単に説明してみようと思います。


1. マーチンゲール法とは

はじめにマーチンゲール法とは何かについて触れていきます。マーチンゲール法とは最初にも述べたとおり、主にギャンブルで使用されている用語です。どうして「必勝」なのかといいますと、”完全に”この手法を行うことができたら損失が絶対に無いからです。
では、そんな眉唾手法の説明をしていきます。この手法でやることは至極単純「負けたら掛け金を倍にする、勝ったら元の掛け金に戻す」だけです。なぜこれが「必勝法」なのかと言いますと、実際に確認してもらうと解ると思いますが、何回負けても勝った時にそれまでの負け分がそっくりそのまま帰ってくるからです。例えば初めの掛け金を1,000円、ペイアウト率2倍として取引を開始します。
まずは1回目に負けたとします。するとこの時の損失は1,000円です。今回は負けたので、次の掛け金は倍の2,000円とします。そして2回目、ここで勝てばリターンは4,000円で最初の損失1,000円を取り返し、さらに1,000円の利益が出ました。そこで、2回目も負けたとします。すると、ここまでの合計損失は3,000円になります。そして3回目の取引では掛け金は4,000円です。ここで勝てばリターンは8,000円、これまでの損失を解消してプラス1,000円です。という感じで掛け金を上げていけば勝った時に全てを取り戻すことができます。なんということでしょう、これは最強の手法ではないでしょうか?

………もちろんこの手法は「必勝法」などではなくデメリットも確実に存在しています。それについては次の項目で触れていきます。

2. マーチンゲール法のデメリット

さてさて、これまではマーチンゲールさんの良い面だけを紹介してきました。というわけで、これからはマーチンゲールさんの良くないポイントを紹介していきます。大きく分けてマーチンゲール法の弱点は2つ挙げられます。それは、「資金の限界」と「掛け金の限界」です。
「資金の限界」と題を掲げましたが、取引を行うみなさんの資金がそれまでの掛け金を超えると(当然ですが)マーチンゲール法を続けることができなくなります。上記の例では、3回程度で勝利したということになっていますが、3回目でも負けていたらそこまでに賭けてきた合計金額は7,000円になります。もちろんマーチンゲールを続けるためには次の取引でさらに8,000円が必要になります。……この程度痛くも痒くもないという方もいると思います。しかし怖いのはこれからで。連続負け回数が10回ともなると軽く100万円は超えてきます。14回負けると1,000万円、17回負けると1億円と倍々に損失が増えていきます。もし、連敗を続けているうちに資金の限界を超えてしまったら……こわいですねー。
もうひとつは「掛け金の限界」です。「資金の限界」では、取引の掛け金に限界はないという前提でしたが、多くの業者さんは一度の取引で賭けられる金額に限界を設けています。自分が使っているバイナリ業者のハイローさんでは10万円が最大掛け金だそうです。これを考慮すると実際にマーチンゲールを実行できるのは7回までということになります。「7連敗もしたこと無いよwww」という方もいると思いますが、この世では将来何が起こるかわかりません。仮に勝率が6割の人なら7連敗は、計算上2.8%の確率で発生します。マーチンゲールさんになりたい人は、2.8%という数字をよく考えてからやってみてください。
上記では挙げませんでしたが、勝った時のペイアウト率も問題になってきます。上記のマーチンゲール法操作例であげたように、ペイアウトが2倍なら良いのですが、多くの業者さんではペイアウト率は高くても1.8倍程度です。 すると残念ながら「負けたら掛け金を2倍」では早々に赤字に転落してしまいます。なので、取引している業者さんに合わせて釣り上げる掛け金を調節する必要があります。

おわりに

さて、これまでツラツラとマーチンゲール法について書いてきましたが、確かに条件を満たせば最強の手法であるということがわかってもらえたと思います。しかし同時にこの手法が「必勝法」では無いということもわかってもらえたと思います。余談ですが、このマーチンゲールという名前がどこから来たかを調べると、その昔マーティギューという地方の人がこの倍々手法を使って負けていたというところから、きているようです。このことからもこの手法がどんなものなのかわかってもらえたと思います。
みなさんも世の中の「必勝法」に引っかからないようにお気をつけ下さい。