MacBookAirにPython3をインストールしたよ

その他Python, macOS

最近は、ちょっとしたファイルのリネームやらテキストの書き換えなんかは全部Pythonのコードを書いてちゃちゃっとやるのですが、どうやらMacには2.x系のPythonは入っているようですが、3.x系はデフォルトでは入っていないようですね。というわけで今回はMacBookにPython3環境を構築します。


Mac : MacBook Air(13-inch, Early 2015)
OS : macOS Sierra 10.12.1


1. HomeBrewのインストール

下準備の下準備です。というわけで、mac用のパッケージマネージャーであるHomebrewをインストールします。これは、すでにやっている人も多いと思いますが、まだという人は、下記のコマンドで入れてください。

ちなみに、このコマンドは公式サイトに掲載されていたものです。

2. pyenvのインストール

次に、pyenvというpythonのバージョン管理システムをインストールします。これを使うことで現在インストールされているPython2をPython3にチェンジしようということです。で、インストールするには以下のコマンドです。

インストールができたら次は、Pathを通します。パスを通すにはホームディレクトリにある”.bashrc”とか”.profile”とかいうファイルに記述すればいいらしいです。自分は今回”.bash_profile”というファイルに書き込みました。書き込む内容は以下の通りです。

この内容をファイルの最下部にでも追加してください。追加したら以下のコマンドで設定を反映させてください。

これで下準備はおしまいです。

3. Pythonの入れ替え

さて、下準備は終わったのでやっとこさPythonのインストールです。まずは、インストールできるPythonのバージョンを確認しましょう。

これを実行するとpyenvでインストールできるなんか色々なものを見ることができますが、上の方にPythonのバージョンの一覧があるのでその中から好きなものを選んでください。自分は作業時に最新だった3.6.0を選びました。

インストールしたいバージョンが決まったら以下のコマンドでインストールです。また、インストールしたPythonを現行のものと置き換えもやってしまいます。

これでインストール完了です。

もし”pyenv install 3.6.0″をした時、「zipimport.ZipImportError: can’t decompress data; zlib not available」とか言われてエラーが出たるかもしれません。その時は以下のコマンドでXcodeのコマンドラインツールをインストールすればいいみたいです。というわけで以下のコマンドです。

もしこのコマンドすら実行できなかったらXcodeをAppStoreからインストールしてからもう一度実行してみればいいんじゃないかな……。

最後にPythonコマンドを実行してバージョンが入れ替わっているか確認してみてください。

おわりに

というわけでインストールしました。あとは、”easy_install pip”とか実行してpipを使えるようにしとけばいいのではないでしょうか。今回はおしまい。


「Mac環境へのPython3系インストール」
http://qiita.com/……/73d1295f8b3dde3b49ca
「MacでPython 3.5.0インストールに失敗したら」
http://qiita.com/……/bf93540515d4ea75b222

その他Python, macOS