クレジットカードでビットコインをコインチェックから買ってみるよ。

仮想通貨BitCoin

どうも先日の記事では無料でBitcoinを手に入れるため”Bitcoin Faucet”なるものを使ってみました。もちろんタダで手に入る額は少ないですが、着実にコインが増えていくのは見ていてちょっと楽しい気持ちになります。

ちょっと手に入ったらもっと欲しくなるのは人間のサガというもので、もっと大量のBitcoinが欲しくなりました。ただ無料では無理なので、今回は普通にビットコインを購入してみようと思います。調べると、Bitcoinの購入方法は色々あり、国内外の会社さんが提供している取引所や個人間での売買など、登場人物だけでもたくさんあります。

今回はその中でもcoincheckという取引所を採用しまして、お手軽さを求めクレジットカードでの購入に挑戦しました。ちなみに、クレジットカードでの購入は確かにお手軽ですが、その分手数料が多くかかってしまうためお得な方法ではないらしいです。その点はご留意ください。


1. coincheckの概要

coincheckはコインチェック株式会社さんが運営している国内の仮想通貨取引所です。他にも国内の取引所としてはbitFlyerやZaifと共に有名なサービスかと思います。それぞれに特徴があるのですが、今回は”ビットコイン取引高日本一”を自称しているcoincheckさんを使わせてもらいました。

2. coincheckへ登録

さて、ビットコインを購入するためにはcoincheckのアカウントを取得しなくてはいけません。基本的にはネットバンキングを開設するのと同じような手法になります。

まずはcoincheckさんのページにアクセスしてください。アクセスしたら、画面内の新規登録フォームに情報を入力して、登録してください。その後メールアドレスの確認メールが送られてくるので、本文中のリンクを押すことで認証します。ここまで操作すると、”サービスの閲覧”と”アフィリエイト”の機能を使うことができます。これ以上の機能が使いたければ、本人確認書類(顔写真付きの身分証明書)の提出が求められます。自分は運転免許書を提出したのですが、Webカメラを使うことで、スキャナなどは不要でした。認証されるまでに2~3営業日かかると書かれていましたが、実際には1時間ほどで認証してもらえました。

余談ですが顔付き身分証明書を提出するときには、自分の顔も一緒に撮影しなくてはいけないので、かなり恥ずかしかったです。最近はこういう手法が多いのでしょうか?

身分証明書の確認が終わると”日本円の入金”と”ビットコインの売買”ができるようになります。また、身分証明書の確認が終わると住所確認のために郵便が届きます。この郵便を受け取ると晴れて全ての機能を利用することができるようになります。

3. ビットコインの購入

さて、ここまでやればやっとこさビットコインを購入することができます。購入するためには”Wallet”メニューにある”クレジットカードで買う”を選択します。あとは購入金額とクレジットカード情報を入力することで購入することができます。記事の始めでも書いた通り手数料がかかるので、ちょっとお高めになってしまいます。

4. ビットコインの送金

最後に、購入したビットコインを送金します。もちろん送金しなくてもcoincheckさんに置いておいてもいいのですが、自分はBLOCKCHAINさんでwalletを持っているのでそちらに送金してみます。

しかし、coincheckさんにはクレジットカードで購入したビットコインを送金するには1週間待たなくてはいけないという縛りがあります。これを回避したければ、銀行のキャッシュカード(または預金通帳)の写真を提出しなくてはいけません。これはメニュー内の”本人確認”から行うことができます。自分はせっかちなのですぐ通帳を提出しました。こちらも認証までには数日かかると書かれていましたが、実際には3時間程度で対応してもらえました。

ここまでくれば簡単です。あとはページ内の指示に従って操作してください。ちなみに、”ビットコインは送金手数料がかからない”と思っている方が多いらしいですが、額が比較的小さいだけで、しっかり手数料は取られるのでご注意ください。

おわりに

さて、今回はクレジットカードでビットコインを買ってみました。確かに手数料はかかりますが、お手軽でした。もし、手数料を抑えたかったら、coincheckさんの口座に日本円を入金してから、ビットコインと交換する方法がいいみたいです。